2
826view

【保存版】よく使うHTMLリストタグの意味と正しい用途一覧

HTMLリストタグ

HTMLでよく使うリストタグは3つあります。
それぞれに用途があり間違った使い方をすると検索エンジンに対して誤解を与えてしまいます。
CSSで見た目の整理を行っても検索エンジンに対しては違う認識を与えてしまうことを防ぐため、使い方はとても大切なので一覧表にしてまとめました。

HTMLリストタグ一覧

リストタグとその意味、用途を記載します。

<ul>リストタグ

<ul>
<li>テキスト</li>
<li>テキスト</li>
</ul>
リストタグのulとは「unordered list」の略で順序のないリストを意味し、優先順位や順番が重要ではない単なる箇条書きをする際に使用します。テキストだけでなくリンク要素aタグを挿入して使用することもあります。

<ol>リストタグ

<ol>
<li>AAAAA</li>
<li>BBBBB</li>
</ol>
リストタグのolとは「ordered list」の略で順序、順番が重要なリストの場合に使用します。

<dl>リストタグ

<dl>
<dt>テキスト</dt>
<dd>テキストについての説明文</dd>
</dl>
リストタグのdlとは「definition list」の略で定義リストとなり用語と説明などに使用します。dtに対して用語を記述し、ddにその説明文を記述します。

この記事が役に立ったらクリック!

MeteoLabo